働く時間を減らして、売上を増やす!女性起業家・ママ起業家・在宅ワーカーのためのビジネスモデルの作り方

Webが苦手なママ起業家でもできる!SEO対策、はじめの一歩

Webから仕事を受注するためには、SEO対策で検索上位表示することが重要!でも、どうやったらよいかわからない・・・とお困りではありませんか?

SEOのテクニックはたくさんありますが、まずは最低限これだけはやっておくべきポイントをお伝えします。

SEOとは要するに何なのか?

SEOとは、検索エンジンに「その記事が誰のために、何を書いた記事なのか」を正しく認識させることです。

ですので、SEO(検索エンジン最適化)を行うには、まずは検索エンジンがどのような記事を評価しているのかを知ることが重要です。

Googleにとってのお客様は、検索ユーザーです。Googleが目指すのは、検索ユーザーが検索した際に、そのユーザーが求めている情報を検索結果に表示することなんですね。

なので、Googleから評価される記事というのは、「その検索キーワードで検索したユーザーが求めている情報が掲載されている記事」であり、その他の記事よりも「より役立つ・有益」な記事が上位に表示されるということになります。

つまりSEO対策とは、Googleに対して、「この記事は〇〇について書いてあるよ」ということを正確に伝えるのが最初の第一歩で、その次に「この記事は他の検索結果に表示されている記事よりも、検索ユーザーにとって役立つ内容である」ということが重要になります。

検索エンジンはその記事をどうやって認識しているのか?

では、Googleがその記事の内容をどのように認識しているのかというと、「記事タイトル内に含まれている検索キーワード」によって、「この記事は〇〇について書かれた記事である」と識別しています。

つまり、まず最初の第一歩のSEO対策としては、記事タイトルに「検索キーワードを盛り込む」こととなります。もしあなたが検索キーワードをタイトルに入れずに記事を書いていたのなら、これだけで全然結果は変わってきますので必ずやってください。

例えば、あなたがWebライターで、キャッチコピーの書き方のコツに関する記事を書く場合は、「ブログ記事のクリック率を上げるには?」というタイトルでは駄目で、「ブログ記事のクリック率を上げるにはキャッチコピーが重要」とか「「このブログ記事、読みたい!」と思わずクリックしたくなるキャッチコピーとは?」のように、タイトルに検索キーワードを入れる必要があります。

特定の一人のための記事を書く

タイトルに検索キーワードを入れて、「この記事が何について書かれたものなのか」をgoogleに伝えたら、次に重要なのが「その検索キーワードで検索した人にとって、役立つ記事を作ること」です。

そのために、最も簡単なのは、特定の一人のために記事を書くことです。

例えば、先ほどと同じ事例で、あなたがWebライターだとして、あなたの目の前に「ブログ記事のクリック率が低くて悩んでいる田中さん」がいるとします。

あなたはその人に「こうすると良いよ」と話をしますよね。その話している内容を記事にすれば、特定の人(田中さん)の悩みを解決する記事が自然と書けます。

なんとなく「ブログ記事のクリック率が低くて悩んでいる人」だと、どうしてもフワッとした内容になってしまうんですね。

逆に言うと、記事を書く場合は、「この検索キーワードで検索する人は、何に困っているんだろう?どんなことが知りたいんだろう?」と考え、その検索キーワードで検索する人を具体的にイメージし(田中さんがどんな人かイメージ)、そして記事を書けば自然と濃い、良い記事が書けます。

SEO対策では1キーワード1記事で書く

記事作成の際に、「特定の田中さん」をイメージして記事を書くということは、言い方を変えると「1キーワードごとに1記事を書く」ということになります。

例えば、ブログ記事で悩んでいると言っても、その悩みは様々です。クリック率で悩んでいるかもしれないし、アイキャッチ画像の選び方で悩んでいるかもしれませんよね。

仮にターゲットが同じ「田中さん」だったとしても、そのそれぞれの悩みのシーンごとに、あなたが田中さんに対して伝える会話の内容は異なりますよね?

その悩みごとの会話を記事にするのがSEO対策ですので、SEO対策では「1キーワードごとにその検索キーワードで検索した田中さんの悩みを解決する記事を書くこと」が、googleから評価される記事を書くコツなのです。

1キーワード1記事でページを作るならペライチがオススメ

1キーワード1記事でページを作る際に、ブログ記事で書く方法もありますが、個人的には「ペライチ」を使って検索キーワードごとに1ページを作る練習をするのが良いと思います。

ペライチ

ペライチは1ページ完結型のホームページを作るサービスです。そのため、ペライチを使えば、検索ユーザーの悩みをその1ページで解決する記事を書く練習が自然とできるようになります。

ブログ記事だと、「あの情報は別の記事に書いたからこの記事に書かなくてもいいか」などと余計なことを考えてサボりますが、ペライチの場合は1ページですべてを伝えなければいけないので、本気で検索ユーザーの悩みを解決する記事を書く練習になります。

ぜひペライチでgoogleから評価される記事を書く練習をしてみてくださいね。

まとめ

  • SEOとは、検索エンジンに「その記事が誰のために、何を書いた記事なのか」を正しく認識させること。
  • 検索エンジンが必ず見るのは「タイトル」。タイトルには検索キーワードを入れよう!
  • 1キーワード1記事で、その検索キーワードで検索した特定の人が目の前にいると思って書くべし

SEO対策とは、検索エンジンに「その記事が誰のために、何を書いた記事なのか」を正しく認識させることです。

検索エンジンが記事の内容を識別するために見るのは、記事タイトル内のキーワードです。SEO対策をする際は、必ず記事タイトルに検索キーワードを盛り込みましょう。

また、記事は1キーワードごとにその検索キーワードで検索したユーザーの悩みを解決する記事を書いていくことが、「より検索ユーザーにとって役立つ記事」を書く近道です。その際、ペライチを使うと、1キーワード1記事を書く練習になるのでオススメです。

この記事が役に立った!と思われた方は無料メルマガのご登録もどうぞ♪
ご登録は無料です。ママ起業家・在宅ワーカーさんが働く時間を減らして、売上を増やすコツをメールでお届けします♪