働く時間を減らして、売上を増やす!女性起業家・ママ起業家・在宅ワーカーのためのビジネスモデルの作り方

ブログを書くのに時間が掛かる方のための最速ブログ記事作成方法

他人のブログを読むのは好きなのに、自分のブログを書こうと思うとすごい時間が掛かってしまう・・・。

そんなあなたが「最速でブログを書けるようになるテクニック」をお伝えします。

どうしてブログ記事を書くのに時間が掛かるのか?

ブログ記事を書くのに時間が掛かる原因は以下の5つです。

  • ネタ探しに時間が掛かる
  • 記事構成の企画に時間が掛かる
  • 文章を考えながら書くので時間が掛かる
  • 文字入力に時間が掛かる
  • 良い記事を書こうとして書けない

それぞれについて、説明していきますね

ネタはターゲットユーザーに聞いて考える時間を省略しよう!

「記事を書こう!」と思ってから「何について書こうかな〜」と考えていると時間が掛かってしまいます。

あらかじめ何について書いたらよいのかネタリストを作っておくと良いでしょう。

よく言われるのは「日常の中でネタになりそう」と思ったことをメモ帳にまとめてネタ帳を作る方法。

でも、正直、僕はこの方法では長続きしませんでした。

ではどうやっているのかというと、ターゲットユーザーのお困りごとに回答するという方法で記事を書いています。

あらかじめターゲットユーザーに「◯◯について困っていることを教えてください」とお願いし、その回答を一覧表にまとめておきます。

あとはその一覧表の上から順に1つの悩みに対し1回答する形でブログを書けば良いだけなので、ネタを探す時間が掛かりません。

最初に一手間掛けるだけで、「ブログ書かなきゃ!でも何について書こう・・・」という無駄な時間が省略できるので、ぜひやってみてくださいね。

ひな形を作り記事構成を考える時間を省略しよう!

いざテーマが決まって記事を書こうと思った場合に、文章を「起承転結(物語風)」で書くのか「プレップ法(ビジネス文書)」で書くのかなど、色々悩むと思います。

いつも使っている文章構成の「型」が決まっておらず、毎回自由に文章を考えるとなると、それは難易度が高く難しいことです。

お役立ちのブログ記事を書くのにオススメの「型」は以下のパターンです。

▼画像引用元:たった1記事で8万人に読まれる文章を書けるようになるライティング術

お気づきかもしれませんが、このブログサイトで書いている記事は、基本的にすべてこの型で作成しています。

この型の良いところは、ポイント①、ポイント②、ポイント③はそれぞれ独立した関係なので、文章の流れを意識せずに書ける点です。

物語形式で書こう!ストーリーに添って書こう!と思うとかなり難しいですが、1項目完結の文章であれば、前後のつながりを意識せずに書けばOKなので簡単です。

なお、こちらのバズ部さんの記事はとてもわかりやすく役立ちますので、ぜひ参考に読まれることをオススメします。

文章作成の手順をルール化し考えながら書く時間を省略しよう!

ネタも見つかり、記事構成の「型」も決まっているのに時間が掛かるとしたら、文章作成の手順・流れを決めておらず、その都度考えながら書いているからではないでしょうか。

僕の場合は必ず以下の手順で作成するように決めています。

  1. タイトルを決める
  2. 概要文を決める
  3. 小見出しを決める
  4. まとめを作成する
  5. 各小見出しの内容を箇条書きする
  6. 各小見出しの内容を文章化する

まずは文章の骨組みを作ってから、次に概要を作成し、最後に詳細を書きますので、書いているうちに何がいいたいのかブレることはありません。

また、考えながら書くのではなく、その項目で書くことを決めてから書いているのでスラスラと書くことができます。

あなたももし文章を書きながら「何を書こうかな〜」と考えているであれば、その流れをルール化し、考えずに書けるようにすると時間を省略できます。

ブラインドタッチをマスターして文字入力の時間を省略しよう!

ネタも見つかり、文章の型もあり、文章作成のルールもあるのに文章作成に時間が掛かるのであれば、単純に文字入力のスピードが遅いのかもしれません。

僕は大学4年生のときに、メールサポートのアルバイトをしていましたが、そのときにブラインドタッチを覚えた方が良いと思い修得しました。

僕が画面とにらめっこしながら1返信している間に、隣の男子はカチャカチャと超高速で返信をしているのを見て、負けたくなかったからです。

ブラインドタッチを修得すると、パソコンを使うことの苦手意識が全くなくなります。

Goolge検索のスキルもあがり、「やっと世の中の情報化の波に乗れた」と実感できるようになります笑

 

▼画像引用元:ちびむすドリル【小学生】

ブラインドタッチにはルールがあります。キーボードの「F」に左手の人差し指、キーボードの「J」に右手の人差し指をおきます。これがホームポジションといい、ブラインドタッチの基本フォームです。

キーボードの「F」と「J」には突起がありますよね?これはブラインドタッチする際に、キーボードを見ないでも左手と右手の人差し指がホームポジションを見失わないようにするための目印なんですよ!

さて、ブラインドタッチを修得する一番の近道は、ゲームで覚えることだと思います。無料のものもありますが、個人的には3,000円程度で有料のタイピングゲームを購入するのが良いと思います。

画像のクオリティーが高く、また、カリキュラムがしっかりしているので、楽しく、正しく学べます。毎日の練習で、1週間もすればなんとなくブラインドタッチの感覚がつかめるようになり、1ヶ月もすれば達人レベルになるでしょう。

ブラインドタッチができずにパソコンを触ることは、お箸を使えずに素手で食べ物を食べているのと同じようなものです。必須のスキルですので必ず身に付けてくださいね!

良い記事を書こうとせず時間を省略しよう!

最後はメンタル的な問題です。「良い記事を書かなきゃ!」と思うと、記事が書けなくなります。

例えば、あなたの目の前にターゲットユーザーの◯◯さんがいる場面を想像してください。

あなたはターゲットユーザーの◯◯さんから何か相談されたとします。

すると、あなたは◯◯さんの悩みを解決するためにアドバイスをしますよね。そのアドバイスをする会話をそのまま記事にすれば良いんですね。

そうすれば、「良い文章を書こう」などと意識せず、「ターゲットユーザーのお悩みが解決できる素晴らしい記事」が自然と作成できます。

そのためには、まずは「ターゲットユーザーの悩み」を聞いておくことが重要です。

つまり、この記事の最初に戻ってターゲットユーザーの悩みを聞き出しネタを集める方法を再度確認してみてくださいね!笑

まとめ

  • ブログを書くのに時間が掛かる原因を特定しよう
  • 原因に合わせて適切な対策を立てよう
  • 自分に合ったブログ記事作成ルールを作り時短しよう

ブログを書くのに掛かる原因は大きく5つあります。「ネタ探しに時間が掛かる」「記事構成の企画に時間が掛かる」「文章を考えながら書くので時間が掛かる」「文字入力に時間が掛かる」「良い記事を書こうとして書けない」。

どれが原因かを特定して、対策を講じましょう。そして、自分に合ったブログ記事作成ルールを作ることで、何も考えずに(実際には考えますが)スラスラとブログ記事を書くことができるようになりますよ!

ぜひ試してみてくださいね!

この記事が役に立った!と思われた方は無料メルマガのご登録もどうぞ♪
ご登録は無料です。ママ起業家・在宅ワーカーさんが働く時間を減らして、売上を増やすコツをメールでお届けします♪