働く時間を減らして、売上を増やす!女性起業家・ママ起業家・在宅ワーカーのためのビジネスモデルの作り方

イベント・セミナーで仕事につながる出会いを引き寄せる方法

仕事につながるから夕方のイベントやセミナーに参加したい!でも、子どもが小さくて参加できない・・・。

確かに直接コミュニケーションをとることができる、イベントやセミナーでの出会いは仕事につながりやすいです。

でも子育てに忙しいママ起業家には、頻繁にイベントやセミナーに参加する時間なんてありません。

イベントやセミナーに行き続けるのは経済的にも負担になってきます。

そこで、少ないチャンスを仕事につなげるコツをお伝えします。

どうしてセミナー等に参加すると仕事につながるの?

セミナー参加者は同じ目的を持って参加している人同士です。そのため今抱えている悩みも似ている事が多く自然と心の距離も近くなり、仲良くなりやすいです。

でも、セミナー受講者同士で仲良くなっても、仕事につながることはほとんどありません。

なぜでしょうか?
その理由は2つあります。

  • そもそも相手に覚えてもらっていない。だから仕事につながらない。
  • 対等の関係で出会ってしまっている。だから仕事につながらない。

そもそも覚えてもらっていない

1つ目の仕事につながらない理由とは、そもそも覚えてもらっていないということです。

「いやいや、そんなこと無い!覚えてもらっているよ!」と思うかもしれませんが、じゃあ、あなたが一番最近参加したセミナー等で出会った人から、仕事の依頼はありましたか?

「まだ無いけど、そのうちあるはず!」と思っていますか?

残念ですが、その場で依頼につながらなければ、その出会いが仕事につながることはまぁほぼ無いでしょう。

出会いを仕事につなげるには、ただ会って覚えてもらえば良いというものではありません。

一番重要なのは「どのように覚えてもらうか」「誰に覚えてもらうか」なのです。

対等の関係で出会うと仕事につながらない

2つめの理由は、対等の関係で出会うと仕事につながらないということです。

例えば、あなたが仲の良い知人に仕事を依頼するかというと、必ずしもそうではありませんよね。

誰から買っても結果が同じような単価が安い商品・サービスであれば、顔見知りから購入するかもしれません。

でも、成果を求める単価が高い商品・サービスの場合は、顔を知っているというだけではお願いしないはずです。

「専門家として、この人は信頼できる」という確信がなければ、仕事をお願いしません。

成果を求める単価が高い商品・サービスの場合は、「この人は〇〇に関してはすごい人なんだ!」という上下関係がなければ仕事にはつながらないのです。

仕事につながる出会いというのは「対等の関係」では駄目なんです。

セミナー等で仕事につながる出会いを作るには?

セミナー等での出会いを仕事につなげるためには、「たくさんの見込み客を抱えている人」と仲良くなる必要があります。

ぜんぜん影響力が無い人と仲良くなっても、何も起こりません。

セミナー会場で、最も影響力がある(たくさんの見込み客を抱えている)のは誰でしょうか?

そうです、講師です。

なので、あなたがセミナー等での出会いを仕事につなげるためには、講師と仲良くなることが重要です。
受講者100人と仲良くなるより、講師1人と「だけ」仲良くなれれば成功です。

もちろん受講者の中にすごい人が混ざっていることもありますが、それは運次第。確実に仕事につなげる出会いを作りたいなら、講師にロックオンです。

講師と仲良くなると何が起きるか?

講師と仲良くなるとどのようなことが起きるでしょうか?

僕が今までに経験したことで言えば、「コラボセミナーをしましょう!」「このテーマで出版してみる?」「こんな仕事できる?」などなど。

影響力があり、たくさんのニーズを抱えている人と仲良くなると、仕事につながるんですね。

さらに、講師と仲良くなると、講師の周辺の方たちからも一目置かれるようになります。

「榎本さん。〇〇の専門家なんだよ」と講師の方から紹介してもらえると、その瞬間「その他大勢の受講生の一人」から「講師の先生も一目置くすごい人」にランクアップするんですね。

そうすると、受講者の方たちからもお仕事の依頼がくるようになります。

つまり、一番影響力のある人と仲良くなって、その人起点で紹介してもらうことが、セミナーの出会いを仕事につなげる方法なんです。

「私のような普通の人にはそんなことできない・・・」

いやいや、長野県の山奥で田舎生活をしている僕にもできるんですから、あなたにもできますよ。

逆に言えば、それができないのであれば、どんなにセミナーに参加しても、仕事につながることは絶対にないでしょう。あったとしても、それは「誰にお願いしても良い作業レベルの仕事」のはずです。

全員と仲良くなるのではなく、一番仲良くなりたい人と仲良くなるスキルが、セミナー等の出会いを仕事につなげるために必要です。

そのために、「どのように覚えてもらうか」「誰に覚えてもらうか」を研究してみてくださいね!

まとめ

  • 仕事につながる出会いが欲しければ影響力がある人とつながる!
  • セミナー等では講師と仲良くなる!
  • 講師を起点に周辺の人との出会いを広げる!

仕事につながる出会いとは、「見込み客をたくさん抱えている人との出会い」です。

なので、セミナー等に参加して仕事につなげたいのであれば、その場で最も影響力がある(見込み客をたくさん抱えている)人と仲良くなる必要があります。

では、セミナー会場で最も影響力があるのは誰なのか?というと、それは「講師」です。

つまり、セミナー等での出会いを仕事につなげたいのであれば、講師と「だけ」仲良くなることに集中しましょう。

講師に覚えてもらい、紹介してもらうことが、セミナー等の出会いを仕事につなげるポイントです!

この記事が役に立った!と思われた方は無料メルマガのご登録もどうぞ♪
ご登録は無料です。ママ起業家・在宅ワーカーさんが働く時間を減らして、売上を増やすコツをメールでお届けします♪