働く時間を減らして、売上を増やす!女性起業家・ママ起業家・在宅ワーカーのためのビジネスモデルの作り方

ママ起業家・在宅ワーカーが売上単価を上げる5つの方法とは?

ランサーズやクラウドワークスで1文字1円の記事を書いている・・・もっと単価が上がらないかなぁ・・・などとお悩みではありませんか?

「1文字1円」のように単価の低い仕事で稼ぐには、数をこなさなければならないですよね。

ただでさえ育児や家事と、分刻みで毎日が過ぎていく忙しいママ起業家にとっては、「単価の低い仕事で稼ぐ」方法は合っていません。

忙しいママ起業家が安定して稼いでいくには、仕事の単価をあげていくことが重要なんです。

では、どのようにしたら単価を上げることができるのか?

その方法をお伝えします。

単価を上げる5つの方法

自分の仕事の単価を上げる方法は大きく5つあります。僕自身が行っている仕事の単価を上げる方法をご紹介します。

  1. 専門特化する
  2. プロフィールページでブランディングする
  3. 資格を取得する
  4. スキルを上げる
  5. より売上に近い結果をコミットする

5つの方法についてお伝えしていきますね!

専門特化する

売上(仕事)の単価を上げるためには、特定の専門分野に特化してサービスを提供する!これが単価アップのポイントです。

例えば僕の場合は、いわゆる士業=「弁護士・司法書士・行政書士・税理士・会計士・社労士などの先生業」に専門特化してWeb集客のお手伝いをしています。

Web集客で困っている方はたくさんいますが、一口に「Web集客」といっても、業種によって最適な方法はまったく違います。

例えば、僕が専門としている「士業向けのWeb集客」と、ひとつの商品を繰り返し買ってもらうサプリメントなどの販売「通販」ではまったくやり方が違います。

お客様は、誰でもいいから「WEBで集客」できる人を探しているわけではなく、自分の悩み自分の分野で成果をあげている「専門家」にお願いしたいんですよね。

なので、「自分は◯◯の専門家です」と宣言しておくことで、数あるライバルの中から「この人なら自分の業界に詳しそうなので任せて安心かな」「多少価格が高くても専門性のある人にお任せしたいな」とご指名で選んでくれるようになります。

そうすると、その他の「専門特化していない人」よりも、高い単価でお仕事を受けることが可能になります。

もちろん、だた宣言するだけでは意味がなくて、「その分野についてだけは他の誰にも負けません!」と言えるように日々その分野の研究や研鑽が必要となります。

プロフィールページでブランディングする

「自分は◯◯の専門家である」と自分の専門分野を明確にしたら、それをプロフィールページに記載します。

心の中で「自分は◯◯の専門家である」とつぶやいていても相手に伝わらず、伝わらなければ価値が生まれません。

「自分は◯◯の専門家である」と伝えるのに最適な場所はプロフィールページなんです。
プロフィールページとはこのようなページです。

▼プロフィールページ①
▼プロフィールページ②

まず知っておいていただきたいのは、プロフィールは自己紹介とは別もの!ということです。

自己紹介は「自分の紹介」なので、自分が伝えたいことを自由に伝えればOKです。でも、「プロフィール」はお客様に対してのプレゼンテーションです。

何をどう伝えたら、どういう印象を与えることができるのかを考えて作成し、「この人は◯◯の専門家なんだな!自分の◯◯な悩みを解決してくれる人なんだな!」と覚えてもらわなければなりません。

  • 自己紹介=自分が言いたいことでOK
  • プロフィール=◯◯の専門家(自分の悩みを解決してくてそう!)として覚えてもらうためのプレゼンテーション

この違いをしっかり覚えてくださいね。

仕事につながるプロフィールの作り方については、別の記事で詳しく解説しますので、そちらをご参照いただければと思います。

資格を取得する

プロフィールページで「私は◯◯の専門家です」と言っても、根拠が無いと「え?本当にこの人に頼んでいいのかなあ・・」とお客様は疑ってしまいますよね。根拠がなれば、お客様からは信用してもらえないんです。

「お客様から信用してもらう力」を高める方法としては、「お客様の声」や「実績」をプロフィールページに掲載するのが王道です。

しかし、ビジネスを立ち上げたばかりのときはまだお客様がいないので、お客様の声や実績がありませんよね。そのような場合は「資格」を取得するのがオススメです。

例えば、僕の場合は社会保険労務士、ウェブ解析士マスターなど、新しい分野で仕事をする際は事前に関連する資格を取得しました。

資格を取得することで肩書が手に入り、その分野で一定以上の知識があることが客観的に証明されます。

「ウェブ解析士マスター」と書いてあるだけで、「アクセス解析の専門家なんだな」と思ってもらえるので、資格取得は自分の価値を上げるために最も手っ取り早い方法の一つです。

また、資格取得のためには当然勉強が必要になり、その他大勢の人たちよりも自然と知識が深まりますから、自分の価値を高めるために資格も取れてスキルも上がり、一石二鳥です。

スキルを上げる

すでにやっている仕事の単価を上げるのであれば、スキルを上げることが大前提です。同じことを同じようにやっていては単価はあがりませんよね。

他の人にはできないスキルを身に付け、あなたにしかできない仕事を作れば、単価を上げることができます。ただ、それは分かっていても、なかなか「自分にしかできない仕事」なんてありませんよね。
でも大丈夫です。

あなたにしかできない仕事を作るには、「超」ハイレベルなスキルは必要ありません。ハイレベルスキルではないけれど、普通の人にはできないちょっとレベルが高いスキルを身につければ良いのです。

専門会社が行っているようなハイレベルのスキルを個人が身につけるのは大変です。でも、普通の人ができないちょっとレベルが高いことであれば、比較的簡単に修得できます。

そのような「ちょっとだけレベルが高いスキル」をいくつも集めてパッケージ化(まとめてサービス提供)することで、「その組み合わせはあなたしかやっていない!」という独自のサービスを作れば良いのです。

より売上に近い結果をコミットする

「お客様の売上」につながる提案して、結果をだすこと。
これが一番大事です。

自分の仕事の成果について、よりお客様の売上に近い結果を出すことをコミットすることで単価は上がります。

例えば、ブログ記事1文字1円で作成するWebライターさんであれば、ただブログ記事を書いているだけではそれは1文字1円の仕事(作業)です

「作業する」だけでは、お客様の売上がグンっ!と上がるわけではないですよね。

ところが、「SEOで上位表示されるブログ記事を書きます」と言えばどうでしょうか。
記事が検索上位表示されてアクセスが増えれば、お客様の売上が増える可能性がありますよね。

さらに、「セールスライティングでお客様の売上を上げます!」と言えば、それは売上に直結するものなので、さらに単価が上がります。

このように売上に近い結果をコミットすれば単価を上げることができるのです。

他の人でもできる単なる「作業」ではなく、スキルを高め、お客様の売上に近い結果を提供することができるようになれば、単価を上げることができます。

まとめ

  • 誰でもできる仕事は単価が低く、どんなに一生懸命働いても稼げません。
  • 単価を上げるためには、「①自分の専門スキルを上げること」と「②自分の能力をアピールするテクニックを学ぶこと」の2つが必要です。
  • 在宅だからこそ、そうでない人よりも①②をちゃんとやらないといけない。

誰でもできる仕事は単価が低く、どんなに一生懸命働いても稼げません。単価を上げるには、自分のスキルを上げ、それを伝える必要があります。楽して単価を上げることはできません。

でも、先に自分の能力を高めておくことで、あとが楽になります。
単価が高い仕事をすることで、働く時間を減らして、売上を増やすことができるのです。

ぜひあなたたもこの記事で紹介した5つの方法について、自分にできそうなものから取り組んでみてくださいね。

この記事が役に立った!と思われた方は無料メルマガのご登録もどうぞ♪
ご登録は無料です。ママ起業家・在宅ワーカーさんが働く時間を減らして、売上を増やすコツをメールでお届けします♪